自己破産のやり方としては、自分で行うかあるいは
代理人として弁護士または司法書士に依頼をするかの違いがあります。

一般的には士業の専門家に任せて行うのが通例です。
無論、依頼料がかかるので、その分の資金は用意をしなければいけません。

自己破産の流れとして、まずは資産と負債を洗い出すところから始まります。
現金として100万円以外は保有を認められませんので、
正確に資産状況の書類の作成を行わなければいけません。
同時に、負債つまり借金をいくらしているのか、
また、その借金の理由は浪費に該当しないかどうかのチェックを行います。

浪費に該当する場合は原則として自己破産は認められないからです。
このようにまずは資産と負債とをすべてチェックしていきます。
その上で、免責に関する申し立てを行っていきますが、
裁判所からは出頭を命じられますので、弁護士と同伴の上で
書類に誤りがないかどうかのチェックを受けていきます。

なお、財産としての価値があり、かつ生活を送る上で
必要なもの以外は差し押さえられます。現金に換えられて、
その後債権者に対して分配を行っていくわけです。

自己破産が認められ免責となったら、借金からは解放されますが、
仕事に支障が出ることを深く認識しなければいけません。
特に士業関係の仕事の一部の他にも警備業などにも一定期間就労が認められません。
士業の専門家に依頼をする際には、メリット以外のデメリットにも深く注意をしておくことが大事です。